本文へスキップ

歯科、矯正歯科、小児歯科、歯科口腔外科のことならEデンタルクリニックへどうぞ。

電話でのご予約・お問い合わせTEL.0125-24-9469
北海道滝川市緑町1丁目5-23

3〜5歳の受け口(反対咬合)の矯正治療

歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)を使った受け口の治療

下の歯が上の歯より前に出ている「受け口」という状態を歯科用語で反対咬合(はんたいこうごう)と言います。3歳児健診で4〜5%の割合でこの反対咬合が見つかります。

そこで最近注目されているのが、歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)という子供専用の取り外し可能なマウスピースを使った治療法があります。

Eデンタルクリニックでもこの装置を使った幼児の矯正治療を行っております。


なぜ、早めに治療をした方がよいのか?

反対咬合(受け口)をそのままにしておくと、下あごが過成長しやすくなり、お顔立ちにも影響を及ぼすことがあります。下あごが過成長すると、治療方法の選択肢が少なくなり、治療も難しくなります。さらには反対咬合の程度が強くなると、あごの骨を切るという外科的処置でしか対応できないケースも出てきます。

悪化する前に、早めのご相談をおすすめします。

歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)の特徴

【メリット】
・早い時期から治療が可能
・マウスピースをはめて寝るだけでよい。
・取り外し可能な装置のため口の中の清掃が行ないやすい。

【デメリット】
・適切な使用方法や使用時間を守必要がある。
・永久歯がはえてきた頃に再度、矯正治療が必要になる場合がある。

歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)による矯正治療について


1.お子様が矯正治療に協力できる状態でないと
  治療は始められません。

寝ている間にマウスピースをはめる治療ですが、お子様自身が外さないように意識する必要があります。しかし通常3歳くらいのお子様では寝ている時に無意識に外してしまい、効果が出ない場合があります。

そのため、先生とある程度お話ができて、治療に協力できるようになってから初診の予約をお取り下さい。治療のために必要な診察や検査が受けられない場合は歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)による治療を始めることができません。ご了承下さい。

2.受け口が改善しても、
  成長期に再治療が必要になることがあります。

反対咬合(受け口)の原因として骨格的な要素が強い場合は、歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)だけでは反対咬合が改善しない場合があります。また、歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)で改善した場合でも上下前歯の永久歯がはえてくる頃に再び反対咬合になる場合があります。そのような場合は、次の治療のステップとして子供の矯正治療のT期治療が必要となります。
                        子供の矯正治療

また、女子の場合15〜16歳頃まで、男子の場合17〜18歳頃まで成長は続きますので、その頃まで定期健診を受け続けることが理想的です。

まずは矯正相談からどうぞ

歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)による治療が必要かどうかは、矯正相談(要予約)でお話をお伺いし、お口の中を見せていただくことから始まります。

矯正相談:30分まで 3,000円+消費税
       以降10分毎に1,000円+消費税 加算

なお、矯正相談時より治療を開始することはありません

相談内容を十分に吟味した上でご検討下さい。



Eデンタルクリニックの矯正治療については こちらからどうぞ


北海道滝川市のEデンタルクリニックのホームページです。目立たない矯正治療、子供も大人も矯正歯科のことなら矯正歯科学会の認定医が最善の矯正歯科治療を行うEデンタルクリニックへ。無料矯正相談をご利用下さい。平日も土曜日も診療。


Eデンタルクリニック


滝川市緑町1丁目5-23

TEL.0125-24(つよ)-9469(くしろく)

Eデンタルクリニ

診療時間

歯科、小児歯科
口腔外科

平日9:30〜18:30
土曜9:30〜17:00


矯正歯科
平日14:00〜18:30
土曜 9:30〜17:00


*昼休み:12:30〜14:00
*休診:水、日、祝日
(診療カレンダーで
ご確認ください)



診療カレンダー
<2018年12月>


休診 午後休診



滝川市のEデンタルクリニックのトップページへ  
北海道滝川市緑町1丁目5-23 TEL.0125-24-9469

copyright©2012 Eデンタルクリニック(イーデンタルクリニック) all rights reserved.